情報掲載方法

本年今月現在の配信数 およそ8,000名

メールマガジン「異業種交流会・セミナー情報」の記事の掲載方法は、

有料と無料の2種類がございます。ご自身のニーズに合う方を選んでご活用下さいませ。
記事種別 無料記事掲載希望 有料記事掲載希望
原稿宛先 mm@igyoshu.info mm@igyoshu.info
メリットと
デメリット
掲載料無料。
但し、有料掲載の空きがあるとき
のみ掲載となります。
内容審査時に掲載OKのものは、
確実に掲載します。
(原稿を送らずに掲載日のみ予約を
いただいても、こちらの審査で
お断りする場合もあります)
特記項 初回、学生、地方開催、地球環境、
無料セミナー、公共団体は優先的に
掲載することがあります。
(申し込みメールの件名に
書いておいてください)
読者の方が見やすいように
開催日の日程順で、優先的に掲載します。
掲載金 無料 個人系(交流会等)¥4,000(税込)
企業セミナー系(NPOも含む)
  ¥7,000(税込)
※NPOに関しては様々な形態での
運営のため個人系に入る場合も
ございますので随時お申し出下さい。
(分類が不明確なときは質問してください)
掲載日指定 できません。 指定できる。(空きが有る場合)
掲載方法  無料での掲載方法  有料での掲載方法

ページトップへもどる

  • 有料での掲載方法

    有料での掲載手順は下記のようになります。
    宛先 mm@igyoshu.info

    記事掲載希望者様 異業種・セミナー情報メルマガ事務局
    メール(テキスト)にて、
    掲載記事を申し込みます。
    宛先 mm@igyoshu.info
    内容審査・掲載OKの通知メール
    (先にお振込みをしないこと)
    掲載料:銀行振り込み
    三井住友銀行 蒲田支店
     普通 444962
      株式会社 北斗
      ( カ)ホクト )  
    振り込み手数料はご自身で
     御負担下さいませ。
    入金確認後、お約束日にメルマガに掲載
    (掲載前日までに入金)

    ページトップへもどる

    有料掲載 よくある質問

    • Q.記事の原稿の書き方がわかりません

      A.こちらを参考にしてください 記事の書き方
      パソコンで文章を読むのは思いのほか疲れるものです。
      原稿は横35~36文字以内、改行を入れて80行以内に簡潔にまとめて作成し、テキスト
      スタイルにて貼り付けまたは添付でお送り下さい。(ワード、一太郎などはご遠慮下さい)

    • Q.申し込んだ記事は絶対に掲載されますか?

      A.公序良俗に反するもの、消費者センターに苦情が出ているもの、宗教団体のものなど、
      こちらが掲載にそぐわないと判断したものは掲載いたしません。
      また配信業者「まぐまぐ」様から「メルマガの殿堂入り」に認定されていますので、
      MLM関係の記事の掲載は恐縮ですができません。

    • Q.内容審査・掲載OKの通知メールが来たのに事故や不注意等で掲載されなかった場合はどうなりますか?

      A.原則として、掲載料を返却します。

    • Q.審査で掲載できない旨の通知をもらいましたがその前に掲載料を振り込んでしまったのですが返してもらえますか?

      A.返金いたしますが振り込み手数料を除かせていただきます。

    • Q.掲載日は教えてくれますか?

      A.掲載希望の原稿を頂いてから1~3日後に受付メールをしますので、
      それに記入してあります。(即の返信ができないことをご了承ください)

    • Q.領収書は発行してもらえますか?

      A.原則として銀行の振込表を領収書のかわりと致します。

    • Q.会社の会計が、請求書をもらった後に払い込む方式なのだが?

      A.原則として請求書はお送りしませんが、必要な方はお申し出いただければ
      メール添付またはファックスいたしますのであらかじめお申し出ください。

    • ページトップへもどる

      無料での掲載方法

      有料での掲載手順は下記のようになります。
      宛先 mm@igyoshu.info
      無料掲載については、掲載保証はありません。
      掲載できるかどうかの問い合わせ等も受けかねますのでご了承ください。
      そのかわり、掲載費は無料とさせていただいています。

    記事掲載希望者様 異業種・セミナー情報メルマガ事務局
    メール(テキスト)にて、
    掲載記事を申し込みます。
    宛先 mm@igyoshu.info
    掲載希望のリストに追加
    空きがある場合は記事として掲載

    ページトップへもどる

    無料掲載 よくある質問

    • Q.記事の原稿の書き方がわかりません

      A.こちらを参考にしてください 記事の書き方
      パソコンで文章を読むのは思いのほか疲れるものです。
      原稿は横35~36文字以内、改行を入れて80行以内に簡潔にまとめて作成し、テキスト
      スタイルにて貼り付けまたは添付でお送り下さい。(ワード、一太郎などはご遠慮下さい)

    • Q.申し込んだ記事は絶対に掲載されますか?

      A.公序良俗に反するもの、消費者センターに苦情が出ているもの、宗教団体のものなど、
      こちらが掲載にそぐわないと判断したものは掲載いたしません。
      また、無料での申し込みの掲載保証はありません。
      あくまでも、掲載枠が空いている場合に掲載いたします。
      最近は有料掲載希望が多いため、低い確率での掲載となりますが何回も同じイベントを
      メール送付いただくのは整理の手間が煩雑になるので複数投稿はご遠慮下さい。

    • Q.無料掲載に申し込んだのですが、確実に掲載してもらうため、途中で有料掲載に変更できますか?

      A.できます。
      「無料から有料掲載変更希望」と書いてmm@igyoshu.info に掲載記事を送付ください。
      但し、有料掲載は大変混雑していることが多いので、掲載希望日は余裕を持って下さいませ。

    • Q.無料掲載を申し込んだ記事に訂正が発生した場合はどうしますか?

      A.訂正は可能ですが、有料記事扱いにさせていただきます。

    • Q.掲載日は教えてくれますか?

      A.申し訳ありませんがお断りさせていただいています。

    • Q.掲載日指定はできますか

      A.申し訳ありませんがお断りさせていただいています。

      メールの無料から有料への変更の、問い合わせ先はmm@igyoshu.info となります。


    ページトップへもどる

    • 記事の書き方について

      ━━━  掲載原稿送付時のお願い ━━━━━━━━━━━━━
      ◆ 掲載原稿の送付先は下記に件名を記しておねがいします。
            有料掲載の送付先 mm@igyoshu.info
            無料掲載の送付先 mm@igyoshu.info
            (同じになりますのでメールに明記下さいませ)

      ◆ 掲載原稿の文章はテキスト形式でおねがいします。
        テキストは皆さんが共通で見ることができる形式です。
        一太郎やマイクロソフトワードの文章は変換が必要になる場合がございますので、
        ベーシックなテキスト形式でお送りいただきますようにお願いします。
        ( 見本は下記文章参照 )

      ◆ 記事の内容には、開催日時、開催時間、開催場所、開催場所住所、開催場所TEL、
        最寄り駅、主催者、主催者住所、e-mail、TEL & FAX、参加費等をお書き添え下さい。
        (会場があいまいなものは審査が通りませんのでご了承ください)

      ◆ 余裕をもっての掲載準備のため、記事の送付につきましては
        開催日の2週間以前におねがいします。
        (開催日まで10日を切っている場合編集の都合上、
        掲載できないことが多々ございます)

      ◆ 原稿は横35~36文字以内、改行ブランクを入れて80行以内におさまるように
        コンパクトに作成下さい。(←長い記事は読者の方の飛ばし読みやメルマガ解除の
        原因になります)

      ◆ 使えない文字の注意(機種依存文字)
        ①(丸数字)、㈱(かぶ)、Ⅲ(ローマ数字)、半角カナ文字は、
        一部のコンピュータで見ることができません。
        ① → (1) 、㈱ → (株)、 Ⅲ→ [3] の様に記述を工夫して、
        多くの方のブラウザで読める記事文章作成を心がけて下さいませ。

    • ページトップへもどる

      異業種交流会系のテキスト原稿見本

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ★ 起業家交流会               (11/15金)東京:銀座
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      20代中心で、一生組んでいける仲間と出会うためのきっかけが作りたいと思って
      おります。21世紀を担っていける人材や活躍できる人材があつまり、切磋琢磨し
      あう情報交換会、意見交換会をしていきます。自分で起業をしたい方、起業意識の
      高い仲間を見つけたい方あらゆる面での起業支援の情報をあつめ、提供していきた
      いと考えております。

      ◆日時:11月15日(金) 19:30~
      ◆場所:喫茶室 ルノアール 銀座6丁目店 2階 会議室2  03-3574-7876
           中央区銀座6-12-10 旭ビル2F
           地図 http://www.mapion.co.jp/cgi/m?no=1091993500196250063
      ◆参加費:1500円 (ドリンク代・会場費含む)
      ◆参加希望連絡先: メールにてお問い合わせ、お申し込み下さい。
           Eーmail: tfclife@fancy.ocn.ne.jp  /鈴木まで
           ※上記まで申込書の必要事項をご記入の上、送付願います。
           定員になり次締め切らさせていただきます
      ◆連絡事項:当日入り口でお名刺を頂戴いたしますので、ご持参ください。

      -----------<申込書>--------------
      【氏名】
      【フリガナ】
      【住所】
      【年齢】
      【性別】
      【会社名】
      【部署】
      【会社TEL/FAX】
      【自宅TEL/FAX】
      【e-mail】
      ----------------------------------

    • ページトップへもどる

      セミナー系のテキスト原稿見本

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ★ 『中堅・中小企業の「成功するIT戦略」』 (9/20水)東京:新橋
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      三和総研ビジネスセミナーのご案内 9月20日(水)東京
      『中堅・中小企業の「成功するIT戦略」』
      自社で作るIT導入計画~流行にだまされない為のポイント~
      <セミナーのねらい>
       中堅・中小企業の情報システム導入コンサルティングを担当しているコンサルタ
       ント2名をむかえ、実例を紹介しながら中堅・中小企業のIT戦略を成功させるポ
       イントをお伝えするとともに、ケーススタディを通して、実際にIT導入計画を各
       自で作成して頂きます。
      <内容>
      1.事例紹介
      ・成功事例-中堅通信教育業 受注・在庫管理システム、顧客管理システム
      ・失敗事例-中小部品製造業 生産管理システム
      2.事例から見た中堅・中小企業のIT戦略
      ・成功事例からの教訓→目的・体制・期間・費用・効果等
      ・失敗事例からの教訓→成功企業との根本的な違い等
      3.中堅・中小企業がIT導入で成功するポイント
      ・成功するための4つのポイント
      ・費用対効果の考え方
      ・コンサルタントの上手な活用法
      4.ケーススタディ-自社で作るIT導入計画
      ・問題点分析から情報システムコンセプトの策定までの進め方
      ・システム化対象範囲の考え方とIT活用のシミュレーション
      ・計画から導入、運用までの体制構築のポイント
      ・期間と費用及び費用対効果算定の基本
      <講師>
      ◆金高誠司:(株)三和総合研究所 企業システム室 コンサルタント
       日本ベンチャー学会正会員。(株)東洋情報システム、(株)三和総合研究所で一貫
       して中堅・中小企業の情報システム構想づくりを担当。
       著書:「ロジックで見る中小企業白書」。中小企業診断士
      ◆田口尚史:マネジメント・エボリューション代表 中小企業診断士
       マーケティングマネジメントを中心としたコンサルティングを展開。近年は金高
       氏と共同で中堅・中小企業の情報システム構想を担当。
       著書:「2000 テレビゲーム流通白書」他。中小企業診断士
      <要綱>
      日 時  9月20日(水) 13:00~17:00
      会 場  東京都港区新橋1-11-7 新橋三和東洋ビル
           株式会社三和総合研究所 7Fセミナー室
           JR新橋駅銀座口 徒歩1分 三和銀行新橋支店 上
      参加料 SANMIC会員 お一人 7,350円 一般 お一人 13,650円
      <申込>
      下記参加申込書に必要事項ご記入の上、前日までにお申し込み下さい。
      E-mail ktscu@po.globe.or.jp
      ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      <参加申込書>
      ご住所
      貴社名
      資本金 百万円
      従業員数 名
      業種
      連絡ご担当者 所属部署名
      電話番号
      FAX番号
      三和銀行お取引店
      参加者ご氏名 所属部署名
      ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      <お問い合わせ先>
      株式会社三和総合研究所 経営情報開発部 中野・内田
      〒105-8631 東京都港区新橋1-11-7 新橋三和東洋ビル
      TEL:03-3572-9271 FAX:03-3572-9267


    ページトップへもどる

    メールマガジンの広告掲載につきまして

    異業種交流会セミナー情報のメールマガジンのヘッダー部に広告を載せませんか?
    1ワク  全角 35文字以内x5行
    発行部数×1.0円でお載せしています。 読者数に応じて随時変動します。

    -----------------------(PR)----------------------------------------------------------
    □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
    □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
    □□□□□□□ 掲載枠 全角35文字×5行 □□□□□□□□□□□□□
    □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
    □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
    ----------------------------------------------------(PR)------------------------------
    下記実例サンプル 下部にマガジン挿入例のサンプル有り
    ------------------------(PR)----------------------------------------------------------
    ★★★★★★~最高に美味しいお米を激安価格で食べたい方へ~★★★★★★
    ~お米の王様魚沼産こしひかり~しかも減農薬栽培で健康的!おまけに超特価
    なら言う事なし!減農薬魚沼産こしひかりの共同購入に参加しよう!最高で1
    kg当たり730円がナント530円で買えちゃうゾ!絶対おすすめ!新潟夢市場より
    ★★★★ http://www.rakuten.co.jp/yumeichiba/426708/429974/ ★★★★★
    ----------------------------------------------------(PR)-----------------------------
    お申し込みは上記のように広告を用意していただいて
    広告、広告掲載希望日、申込者を書いてメールください。
    (通常、広告の掲載が可能な曜日は、月、水、金のいずれかです)


ページトップへもどる

メルマガの登録・解除

登録はこちら
電子メールアドレス(半角):



解除はこちら
電子メールアドレス(半角):

お問い合わせ

E-mail
mm@igyousyu.info

殿堂入り
© 2012 Pan-industry social event seminar information